2▼自分らしさ.小林みくり
By ジークレフミュージック BLOG, littlemore. BLOG, 小林みくり 8 comment
31/3月 2▼自分らしさ.小林みくり

みなさんこんばんは、

そしてお久しぶりです🐨

あれからblogを書くといってなかなか言葉が
まとまらず、3週間ほど過ぎてしまいました。

Twitterも更新がないと心配してくれた人がいたり
寂しいって思ってくれる人がいたり、小林みくりは
たくさん人に愛されて必要とされているんだなと、
リプなどをみて、あたたかいきもちになりました😊いつもありがとう( ; ; )♡

ここからはみんなが待ってくれている想いの丈を
自分なりに言葉にしていきたいとおもいます。

私、小林みくりは、
3/8に大好きなlittlemore.を卒業いたしました。

3年前。
アイドル好きの普通の女の子が、
小さい頃から密かな夢だったアイドルに💫

アイドルになるって決断をしたとき、まだなんにも始まってないのにたくさん泣いたのを覚えています。怖くて不安で押しつぶされそうだった。それくらい私にとってアイドルは大きな夢でした。

憧れていたステージとは、また違っていたけれど
自分たちだけのグループ名、可愛い衣装、立ち位置、振り付け、オリジナル曲、いろんなもの全部が新鮮で、楽しくて、しあわせで。

もちろん辛いこと、悔しいこと、辞めたいって思うこと何度もありました。でも何がいちばん辛かったとかそういうのはうまく言葉にできなくて、それくらい楽しいとか嬉しいとかのきもちのことのほうが多かったのかなとおもいます。

私にとって、アイドルになるのが夢だったからそれが叶ってしまった今、大きな夢というものが見出せず気付いたら3年間経ってしまいました。

それでも自分なりに、アイドルじゃなきゃ叶えられない小さな夢をたくさん叶えていきたいって思うようになりました☻

カバー曲しかまだなかった頃は、オリジナル曲を。
オリジナル曲が貰えたら、それをCDとして形に。
ワンマンライブに、野外ライブ、生誕祭とかねっ

アイドルとして、当たり前なことなんだけど
当たり前だからこそ、それが私の夢だった。

もちろん叶えられなかった夢の方が多いです。

でも、そんなことを語るよりも叶えることのできた
夢たちがキラキラ眩しくて、愛おしくて、宝物で。

ひとりじゃないから、小さな夢も叶えてこられた。

一緒に汗かいてくれたメンバーとスタッフさん、
そしてlittlemore.を愛してくれているふぁみりーの
みんながいてくれたからだねっ。本当にありがとう。❤︎

欲を出して、努力をすればもっとたくさんの夢を叶えることもできたかもしれない。そういうのもわかっていたからこそ、最後まで自分に満足したことはなかったし、最後まで大きな夢は見つけられませんでした。

でも胸を張って言えるのは、
幸せな3年間だったってことです( ¨̮ )

この、私なりの幸せの形に至るまで、たくさんの壁にぶち当たって、乗り越えて、その繰り返し。ただlittlemore.のLIVEを観てくれてる人がいればいいんじゃない、LIVEを観て一緒に楽しんでくれてる人がいなくちゃだめだって。

そのことに気付けたとき、私の考えだったり、
ステージに立つときの想いが変わりました。

私の幸せは、
LIVEで歌って踊って、声援をもらうこと。

だから \ みくり / コールがないと嫌だったし
みんなが笑って観てくれてなきゃ楽しくなかった。

でもそのためには、まずステージに立ってる自分がいちばんにLIVEを楽しまなくちゃ観てくれてる人を楽しませることはできないってこと。

じゃあ楽しいLIVEってなんだろう🤔💭
コールしたり、MIXしたり、それだけなのか?

中には、じっくり観るそれで楽しんでる人もいる。

それぞれいろんなLIVEの楽しみ方があるけれど、共通してるのは、みんな笑顔だっていうこと。声出してても、黙って観てても、目を合わせれば楽しんでるかどうかわかります。

フロアにいる一人一人と目を合わせるように、
笑顔で、いちばん私がLIVEを楽しむ☺💗
簡単なようだけど、そう上手くはいかない。
だからこそやりがいがあったし、楽しかった!

littlemore.のダンスはみんなも一緒に真似して踊れるような振り付けを、先生が考えてくれているので、それもまたLIVEを楽しむ要素のひとつになってます(* ॑꒳ ॑* )♡

私は歌もダンスも抜群に上手いわけじゃなかったから、ステージ上での表情やその曲の世界観を伝えられるようなパフォーマンスをいちばんに心掛けてた。

だから、歌詞に合わせて表情や歌い方を変えてることだったり、手先のパフォーマンスとかが褒められるのはすごく嬉しかったな〜🙈💓

なんで卒業するのかたくさん聞かれました。
理由は大きな夢が見つからなかったから。です

littlemore.は3年目を迎えたけれど、今まで表向きに大きな夢を口に出したことはなかったとおもいます。今まではそれでもよかった、けど、ここから上にあがるにはグループとしてみんなが同じ方向を向いて頑張らなくてはいけないのかなと思った時に、私がいたらみんなの足を引っ張ってしまうなとおもったから。

” 頑張る ” と ” 楽しむ ” は違っていて、このまま続けていくと、自分がいちばんLIVEを楽しめなくなっちゃう。LIVEが嫌になっちゃうんじゃないか。そんな気がしたんです。

LIVEの楽しみ方もそれぞれだから、
アイドルとしての楽しみた方もそれぞれで。

全員に理解して貰えなくても仕方ないし、
逃げだと言われても、私は私だから的なね、笑

幸いにも、小林みくりを好きになってくれた人はこの自分らしさを理解してくれていた人のが多かったのかなと勝手に思っています。

自分のファンは鏡だって、よく言うけど
ほんとだとおもう。😊

みんなLIVEが好きで、楽しいことが好きで、でも誰かと同じことはしたくなくて、素直じゃなくて、変なとこ真面目で、でもどっか抜けてて、すごくマイペース。笑

そんな、自分らしさ満載なみんなのことがほんとに大好きで、お互いに譲れないところもあるからファンの人と喧嘩をしたこともあります😂😂😂笑

そんなみくり推しのみくりコールは周りの音が聞こえなくなっちゃうくらい、ほんと愛に溢れてて、キラキラ輝かせてくれるパワーをたくさんたくさんくれました( ; ; )ありがとう

あぁ、私アイドルなんだなっていちばん実感できた瞬間だったし、なにより幸福感はんぱなかったよ!!!!!!(語彙力w)

そんな幸せな時間をたくさんくれたみんなとの思い出は、しぬまで一生忘れないし、誇りに思います☺💓

なんか長くなりすぎた割に、何が言いたいのかまとまらなくなっちゃったので、3/8の卒業LIVEのことは別の記事に書くことにする!急ぐ!←

新しい1ページはもう始まっている。
だから私も前に進まなくちゃね、、、!

最後まで読んでくれてありがとう😢💗

2018.03.31
littlemore.初期メンバー小林みくり。

Previous Next
Comments (8)
  1. のんた@永遠のみくりすと 2018年4月1日 at 12:05 AM 返信

    みくりさんとはたくさん話をしてたくさん笑ってたくさん喧嘩してたくさん涙したね。
    そんなアイドルとの関係はきっとみくりさん以外とは考えられない。
    全ては最高の思い出だよ。
    3年間ありがとう!!
    またいつか笑って出会えると信じてる。

  2. ひがし 2018年4月1日 at 12:20 AM 返信

    (語彙力w)の部分にすごく気持ちを感じたよ(*´-`)
    片手で数えられるぐらいしか観てないけど、輝いてたよー。
    3年間おつかれさまでした!

  3. 8(ハチ 2018年4月1日 at 12:22 AM 返信

    なんとか、最後に接触できてよかったけど

    こんなにたくさんのアイドルを観てきた
    わいでも、
    みくりたんをみた瞬間に惹かれちゃったんだ。
    理由はない。

    配信を初めて見た時も、とっても魅了されたよ。

    今後はどうするのかな??

  4. しょーたろ 2018年4月1日 at 3:18 AM 返信

    出会ってから今日まで幸せな時間でした!
    俺も一生忘れない!
    楽しかったライブ
    みくりちゃんの笑顔
    大好きだったこと!

    本当の本当にまたいつか
    会いたい
    会える時楽しみにしてるっ

  5. ばっきー 2018年4月1日 at 5:13 AM 返信

    卒業発表した日に渡した初めての手紙に書きましたよね「推しを幸せにするヲタクになりたいんだ」と。でもそんなことを改めて宣言せずとも、わたしたちが心からライブを楽しんで、精一杯のみくりコールをすることこそがアイドル小林みくりを幸せにすることだったんですよね。
    そのことに気付かされたのは、発表から1週間後になって「どうしてアイドルをやめてしまうのか」という理由を聞かせてもらったときでした。今回ブログで明かしてくれたその思いを聞かせてもららい、その理由に驚き、何度も咀嚼したら深く腑に落ちました。

    みくり推しがみな口を揃えて「楽しい」と言っていたこと。「ちょっと欲がなくてもったいないけど、とても楽しいパフォーマンスをする幸せなアイドルだ」と感じていたこと。
    他のどのアイドルとも違うアイドル像の根源がそこにあることを、辞めてしまうと聞かされたそのあとになってようやく知ることになったのです。
    「アイドルになりたい」というみくりちゃんの夢は叶い、「推しを幸せにしたい」という私の思いもまた成就していたんですよね。
    だから最後の1ヶ月半も心から楽しめたし、取り乱すことなく送り出せたし、幸せな時間を失った今も心地よい余韻の中で過ごせています。素敵なラストステージで送り出し、みくり推しとしての私もまた円満に卒業できたのは幸せなことでした。

    この話を機会を作って色んな人に聞いてもらいました。みくりちゃんがどれだけアイドルであることを幸せに感じていたのか。その幸福感のお裾分けでみくり推しがみな幸せだったこと。ことあるごとにそればかりを語って過ごしました。
    これからもずっと語り継いでいきたいと思います。最高で、誰よりもハッピーなアイドル小林みくりという自慢の推しと過ごした幸せな日々のことを。

  6. ゆき 2018年4月1日 at 8:58 AM 返信

    形は違うけど観てる人に伝える、感じさせる者としてこんなに素晴らしい人は少ないと思う。

    前に映画監督が「もっと上へ上へと努力してる人は応援したくなるけど、今その一瞬を楽しんで幸せそうな人の方が輝いてるし使いたくなる」って言っててみくりちゃんはその後者なんだろうなーって思った!
    分かってても俺にはできないからすごい尊敬する!

    推しでは無かったけどライブ中自然に目がいっちゃうし、話す時も上手いし、出会うことできてホントに良かった。
    一生尊敬できる人の1人になりました。

    みくりちゃんのこれからの人生も幸せであることを願ってるね!

  7. ピカチュウはしもと 2018年4月1日 at 12:06 PM 返信

    主現場を盛り上げてく為の何かヒントを探しに〜ってちょくちょく潜る他現場、久々の地下、そこでたまたま見つけたみくりたん。不思議と引き込まれるような、何かがあった貴女の元へ何度か足を運ばせて頂きました。って言っても2回目以降は卒業決まってからなんだけどね(´•ω•ˋ)お話するのめっちゃ楽しかった!
    ライブでは彼氏ヅラ←かますだけで終わっちゃったけどw やっぱ自分のコールして貰えるのとか嬉しいんやなぁ 地上だと距離感とかがあったりして、時々わからなくなっちゃったりするんですよ なんか知れて良かったな
    なんとなく虚無感?で行けてなかったけど、3/8以来の現場が今日あるので、精一杯推しに愛を叫んでこようと思います()
    とはいえ、唯一無二の推しとなったみくりたんに出会えて、ホントによかったです
    自分らしくっ

  8. たくみくり 2018年4月2日 at 7:53 AM 返信

    卒業発表した日に僕がみくりちゃんに、ひとつだけ聞いたことは「完全に引退しちゃうの?」でした。
    今思うと、こんな時まで自分のことしか考えていないところがまぁ、僕らしいといえば僕らしい。(苦笑)
    みくりちゃんに会えなくなってしまうのが怖かったんだろうね。だから、ソロでやるとか、モデル活動するとか何か別の道があるのかと思って思わず聞いてしまいました。

    僕はみくりちゃんの言うライブを楽しむことがほんとに出来ていたのかな。もちろんライブは楽しかったと今も思っている。ただそれはみくりちゃんが出ていたからで実際はみくりちゃんに会うために通ってたんじゃないか。ということは純粋にライブを楽しんでいたことにはならないのではないか?
    そんな考えが、いまだからこそとても実感出来てしまって・・・

    そんな不純な気持ちで通ってた僕だけどみくりちゃんにはたくさんの思い出と癒しを頂きました。どう感謝したら応えられるのかわからないけれど本当にありがとうございました。
    楽しすぎた一年半でした。
    これからのみくりちゃんの人生が良いことで満ち溢れますように。

    どこかで見かけたら手を振るね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。